スキューバダイビングFAN.net > ダイビングライセンス取得に必要な費用

ダイビングライセンス取得に必要な費用

ダイビングライセンス取得に必要な費用は、ダイビングショップによって異なります。

ライセンスの取得に必要な主な費用は
  ・講習費
  ・教材の費用
  ・ダイビング器材レンタル費用
  ・ダイビング施設使用料
  ・保険料
  ・Cカード申請料(スキューバダイビングの指導団体に支払う)
です。

これにダイビングスクールへ通うための交通費、場所によっては宿泊費も必要となります。

ダイビングショップのホームページで表示されているライセンス取得費用には、上記のうち講習費のみで教材などその他の費用が含まれていない場合もあります。
「安い!」と思っても、その料金に含まれているもの、含まれていないもの(足りないのか)をよく確認しましょう。
また、ダイビング器材の購入が条件になっていないかなども事前に確認しておきましょう。

ダイビングのパスポートともいえる水深18mのライセンスを取得するのに必要な費用は、季節や場所によって変動しますが5万円から10万円が目安となります。

ダイビングを始めるにあたって大切なのは、「講習を通じてしっかりとした知識とスキルを身につけること」です。
ですから価格だけでダイビングショップを選ぶのではなく、「しっかりとした講習をしてくれるかどうか」を検討するようにしましょう。

  ⇒ ダイビングスクール・ショップの選び方

おすすめダイビング本

ひとりたび1年生 ひとりたび1年生

著者たかぎさんの「ひとりたび」コミック・エッセイです。
日本各地を一人旅したドキュメンタリーですが、その中に沖縄で3泊4日、女ひとりでCカード取得にチャレンジした体験記があります。
ほのぼのタッチのイラストで、リアルなCカード取得記を楽しむことができます。
「女性ひとりで大丈夫かなぁ?」とちょっと不安に思っているようでしたら、ぜひ一読してみましょう♪
スキューバダイビングに挑戦! -迫力の魚群!サンゴ礁に感動する! (定年前から始める男の自由時間) スキューバダイビングに挑戦

シニア世代、特に男性をターゲットとしたスキューバダイビングの入門書。スキューバダイビングは若い人だけのものではなく、中高年からでも始めることができますが、やはり中高年ならだはのポイントがあります。年齢のことに配慮した内容になっているので、中高年の人にはこの本がお薦めです。
なでしこダイバーデビューBook―女性に贈るダイビング入門書 なでしこダイバーデビューBook

副題が「海に恋した女性に贈るとびきり楽しいダイビング入門書」という、ダイビングを始めたいと思う女性のための一冊!
ダイビングの基礎はもちろん、UV対策やダイビング用のメイクやヘア・アレンジ法など女性ダイバーが知りたいことがバッチリわかりますよ。
体験ダイビングをやろう!―ブランクダイバー、海外で潜る人もこの1冊 体験ダイビングをやろう!

よし!ダイビングを始めるぞー!と意気込んでいだとき、まずはこの本を読んでみましょう。
スキューバダイビングってどんなものか、これを読めばイメージが膨らみます。

スキューバダイビング基礎知識

スキューバダイビングスクール・ダイビングショップ