スキューバダイビングFAN.net > 世界遺産の海 > ココ島(コスタリカ)

ココ島(コスタリカ)

ココ島の概要

地球の楽園紀行 コスタリカココ島(ココアイランド)は中米コスタリカ共和国に属し、本土から約550キロ離れた太平洋に浮かぶ世界で最も大きい無人島です。
1997年にユネスコの世界自然遺産に登録されました。

断崖絶壁に囲まれ、熱帯雨林に覆われているココ島は、スティーブンソンの小説『宝島』の舞台として、また、小説及び映画『ジュラシック・パーク』のモデル地となったといわれています。

ココ島は島全体が国立公園に指定されており、訪れる船は許可制になっています。クルーズ船で片道30時間以上かかり、まさに絶海の孤島です。

ココ島の海の魅力

巨大ギンガメアジの大群や、マダラトビエイの群れ、そして何よりハンマーヘッドやホワイトチップシャークの群れとの遭遇率が高いのが特徴です。
またマンタやジンベエザメ、イルカもよく見られ、まさに大物三昧。

地形は荒く、潮流の強いところもあるため、中級以上の経験と技量が要求されます。
ダイビングのベストシーズンは、雨期の6~11月。この時期は、水温が下がり、深場の冷水域の魚が水面の近くに上がってくるので、魚種・量が増えます。

ココ島へのアクセス

コスタリカ共和国へはアメリカ・カナダを経由して行くのが一般的。
ココ島でのダイビングツアーについては下記ページが参考になります。
goo旅行 ココ島ガイド情報(ダイビング)

ココ島,コスタリカについてもっと知る(写真集/DVD)

コスタリカエコツーリズムの国   世界遺産夢の旅100選 9 南北アメリカ篇 2[DVD] (9) (COSMIC PICTURES 809)   地球の楽園紀行 コスタリカ

ココ島に関するサイト

HI-LOさんのココ島ダイビング・クルーズ記
コスタリカ政府観光局
外務省: コスタリカ共和国
コスタリカ旅行 基本情報 - 地球の歩き方


スキューバダイビング基礎知識

スキューバダイビングスクール・ダイビングショップ