スキューバダイビングFAN.net > 世界遺産の海 > ガラパゴス諸島(エクアドル)

ガラパゴス諸島(エクアドル)

ガラパゴスの概要

ガラパゴス―ガラパゴス自然史/ゾウガメが島に帰る日 (ニュートンムック)ガラパゴス諸島は「ゾウガメの島」という意味で、正式名称はコロン諸島。ガラパゴス諸島は、南米エクアドルの西約900kmの太平洋上に浮かぶ群島です。1978年に世界自然遺産第一号に指定されました。さらに、2001年ガラパゴスの周辺海域、ガラパゴス海洋保護区も世界自然遺産に登録され、2007年には諸島と海洋保護区を「危機遺産」リストに登録されました。

ガラパゴス諸島は海底火山の噴火により5-6百万年前に誕生したとされています。ホットスポットと呼ばれるマグマの吹き出し口が、諸島の北西の位置にあり、現在でも火山活動を行っています。

1859年に「種の起源」を出版したチャールズ・ダーウィンは、1835年にビーグル号に乗ってガラパゴスに到着。ガラパゴス諸島の動植物が南米のものによく似ていることが進化論のヒントとなったようです。

ガラパゴスの海の魅力

ガラパゴス諸島は、北からのパナマ海流と南からのペルー海流、西からのクロムウェル海流がぶつかる地点で、各海流から豊富な栄養分がもたらされています。
ガラパゴス固有種や、ジンベエザメやハンマーヘッド、マンタなどの大物も。

ガラパゴスではダイブクルーズでダイビングを楽しむのが一般的。クルーズに参加するメリットは日帰りでは行けない遠方のポイントまで行けることです。
なかでもダイバーの憧れでもあるウルフ島とダーウイン島へはクルーズでしか行くことができません。

ダイブクルーズ以外に、日帰りダイビングも可能です。その場合はガラパゴス到着後、サンタクルス島サンクリストバル島のホテルに滞在しながら日帰りでボートダイビングを楽しむこととなります。


ガラパゴスへのアクセス

日本からエクアドルへ行くにはヒューストンやマイアミといった米国内の都市を経由するのが一般的です。

ガラパゴス諸島へのアクセス方法は下記ページが参考になります。
ガラパゴス諸島へのアクセス(アートツアー)

ガラパゴスについてもっと知る(写真集/DVD)

ガラパゴス―進化の鼓動   世界海中図鑑 Vol.1 ガラパゴス諸島編、西オーストラリア編   BBC ガラパゴス DVD-BOX   Equator -赤道- ガラパゴス 海流の魔術

ガラパゴスに関するサイト

NPO法人 日本ガラパゴスの会[JAGA]
A voyage like no other/ガラパゴス旅行記
外務省: エクアドル共和国
エクアドル旅行 基本情報 - 地球の歩き方


スキューバダイビング基礎知識

スキューバダイビングスクール・ダイビングショップ