スキューバダイビングFAN.net > 世界遺産の海 > コモド島(インドネシア)

コモド島(インドネシア)

コモド島の概要

コモド島は、177余りの島々からなるインドネシアにある、西のスンバワ島と東のフローレス島に挟まれた海域に位置します。1991年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。

コモド島と言えば、世界最大のオオトカゲである「コモドドラゴン」で有名。コモド島の「コモド国立公園」でみることができます。

コモド島の海の魅力

美しい珊瑚と、魚の種類の豊富さ、水の透明度が高く、インドネシアでも注目されているダイビングエリア。バリを拠点にダイブクルーズに参加するか、フローレンス島に滞在して日帰りでダイビングが楽しむ方法があります。

マンタと高確率で会える「マンタマレー」や、タツノオトシゴの仲間のピグミーシーホースが見られる「ピグミーパラダイス」など、豊富なダイビングスポットがそろっています。

コモド島へのアクセス

日本(東京、名古屋、大阪、福岡)からバリ島への直行便があります。

コモド島が紹介されているダイビング雑誌

Marine Diving (マリンダイビング) 2009年 06月号 [雑誌]   ダイバー 2009年 06月号 [雑誌]   ダイバー 2008年 06月号 [雑誌]

インドネシアについてもっと知る(DVD/書籍)

世界遺産 インドネシア編   D25 地球の歩き方 インドネシア 2008~2009 (地球の歩き方 D 25)   旅の指さし会話帳〈2〉インドネシア―ここ以外のどこかへ! (ここ以外のどこかへ!)

インドネシア/コモド島に関するサイト

外務省: インドネシア共和国
インドネシア 基本情報 - 地球の歩き方
在インドネシア日本国大使館
ダイビングトラベルニュース | コモドダイブクルーズ


スキューバダイビング基礎知識

スキューバダイビングスクール・ダイビングショップ