スキューバダイビングFAN.net > 世界遺産の海 > ロードハウ諸島(オーストラリア)

ロードハウ諸島(オーストラリア)

ロードハウ島の概要

ロードハウ島はオーストラリアのシドニーから沖700kmにある幅2km、長さ10kmの三日月型島。周囲を切り立った海岸線に囲まれており、特異な地形・地質を見ることができます。島のほとんどが熱帯雨林に覆われており、74種の固有種をはじめとする379種の植物が生息しています。1982年に自然遺産として世界遺産に登録されました。


ロードハウ島の海の魅力

グレートバリアリーフから暖流が流れ込む周囲の海は、美しいサンゴとバラエティ豊かな生物の宝庫です。

なかでも、美しいサンゴ礁が楽しめる「ノースベイ」スポットが人気。推進が浅く、シュノーケルでも楽しめます。

ロードハウ島へのアクセス

豊かな自然を守るため、入島できる人数が制限されているので、早めに予約したほうがいいようです。

ロードハウ島へのアクセス方法は下記ページが参考になります。
ロードハウ島旅行記(chiemomo)

ロードハウ島についてもっと知る

オーストラリアの大自然を楽しむ本―決定版 (KAWADE夢ムック―エコツアーと世界遺産の旅)   世界遺産ガイド オーストラリア編 (世界遺産シリーズ)   世界遺産 オーストラリア編 [DVD]

ロードハウ島に関するサイト

ロードハウ島旅行記 - chiemomo
外務省: オーストラリア連邦
オーストラリア大使館


スキューバダイビング基礎知識

スキューバダイビングスクール・ダイビングショップ