スキューバダイビングFAN.net > ダイビングライセンスの種類

ダイビングライセンスの種類

ダイビングライセンスの種類は、ダイビングの目的によってさまざまです。

自動車運転免許にも、普通免許や中型免許、大型免許、特殊免許などがあるのと同じように、ダイビングのライセンスもたくさんの種類があります。

まず、一般に「ダイビングライセンス」と呼ばれているのは、「Cカード(Certification Card)」という民間のダイビング指導団体が発行する「認定証」のことです。
ダイビングライセンスについてCカードって何?

スキューバダイビングの教育機関が認定の意味で発行しており、 日本だけでも30ぐらいの種類があります。

そのCカードも一種類ではなく、経験によりランク別になっており、ランクアップの講習を受けることで各Cカードを取得していくことができます。

例えば、PADI(パディ)というダイビング指導団体のライセンス種類は下記のようなものがあります。

<オープンウォター・ダイバー>
 オープンウォター・ダイバー・コースを習得すると、プロフェッショナルの監督なしで水深18mまで潜ることができます。
 ダイバーとしてのパスポートを発行されたようなレベルです。
 ダイビング器材の購入やタンク・レンタルなどのサービスを受けることができます。
 ダイビングをレジャーとして楽しむためにまず必要になるライセンスです。

<アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー>
 オープンウォター・ダイバーのライセンスを持っていることが必要です。
 オープンウォター・ダイバーは水深18mまで潜ることができますが、アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーでは水深30まで潜ることができるようになります。

<レスキュー・ダイバー>
 トラブルを未然に防いだり、緊急時の応急処理法を習得します。
 疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法や水面アシストの方法を学びます。
 陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など現実に役立つ知識をトータルで習得できるので、ダイビングを行った時に頼りにされる存在になるでしょう。

<マスター・スクーバ・ダイバー>
 アマチュアでは、最高ランクの資格になります。
 他のダイバーの見本になり他のダイバーを引っ張るリーダーとしてダイビングを楽しむことが出来ます。

ただ、マスター・スクーバ・ダイバーではダイビングのプロ活動はできません。
ダイビングのプロフェッショナルは「ダイビングの経験が多い」、「ダイビングがうまい」というだけではなれません。
ダイビングを指導するための正しい知識と技術が必要です。
そのため、プロになるための専用コースが設けられています。

おすすめダイビング本

ひとりたび1年生 ひとりたび1年生

著者たかぎさんの「ひとりたび」コミック・エッセイです。
日本各地を一人旅したドキュメンタリーですが、その中に沖縄で3泊4日、女ひとりでCカード取得にチャレンジした体験記があります。
ほのぼのタッチのイラストで、リアルなCカード取得記を楽しむことができます。
「女性ひとりで大丈夫かなぁ?」とちょっと不安に思っているようでしたら、ぜひ一読してみましょう♪
スキューバダイビングに挑戦! -迫力の魚群!サンゴ礁に感動する! (定年前から始める男の自由時間) スキューバダイビングに挑戦

シニア世代、特に男性をターゲットとしたスキューバダイビングの入門書。スキューバダイビングは若い人だけのものではなく、中高年からでも始めることができますが、やはり中高年ならだはのポイントがあります。年齢のことに配慮した内容になっているので、中高年の人にはこの本がお薦めです。
なでしこダイバーデビューBook―女性に贈るダイビング入門書 なでしこダイバーデビューBook

副題が「海に恋した女性に贈るとびきり楽しいダイビング入門書」という、ダイビングを始めたいと思う女性のための一冊!
ダイビングの基礎はもちろん、UV対策やダイビング用のメイクやヘア・アレンジ法など女性ダイバーが知りたいことがバッチリわかりますよ。
体験ダイビングをやろう!―ブランクダイバー、海外で潜る人もこの1冊 体験ダイビングをやろう!

よし!ダイビングを始めるぞー!と意気込んでいだとき、まずはこの本を読んでみましょう。
スキューバダイビングってどんなものか、これを読めばイメージが膨らみます。

スキューバダイビング基礎知識

スキューバダイビングスクール・ダイビングショップ